二つの企業形態|保育園の経営を万全サポート|会社設立や開業に関するポイント

二つの企業形態

はさみ

現在、日本国内における美容室の数というのは、23万店を超えると言われています。更に、毎年約3000店が新規開業しているため、その数は増え続けているのです。美容室の数に対し、美容師免許を取得している人材の数というのは減少している傾向が見られます。つまり、新規に美容室を開業したとしても、美容師免許を取得している従業員を雇える可能性が低くなっているということでもあります。そういった状況の中で美容室を開業するのであれば、より綿密な開業計画を立てることが大切です。

開業計画を立てる時には、最初に企業形態について考えましょう。企業形態には「個人事業主」と「法人」の二つが存在します。個人事業主は自営業と呼ばれる形態で、社会保険への加入義務が無いといった点や税が計上しにくい点が特徴的です。それに対して、法人と呼ばれる企業形態に関しては、株式会社等がそれに当たります。自身の美容室を法人として開業した場合、経費として計上できる幅が広がるため節税効果を期待することができますが、社会保険に必ず加入しなければなりません。このように、企業形態によってそれぞれメリット・デメリットが存在します。自身が開業したいと考えている美容室にとって、より良い企業形態を選びましょう。